金山寺本堂

金山寺本堂

2012年12月24日金山寺で火災が発生し、本堂と倉庫が全焼しました。

本堂は天正3年(1575年)頃、宇喜多直家の寄進により再建されたと伝えられる、彫刻や彩色の絢爛たる桃山時代の建物でした。

県指定重要文化財である木造阿弥陀如来像の消失しました。

金山寺仮本堂

在りし日の本堂

ご協力をお願いいたします

金山寺復興事業

ご懇志のお願い

~歴史ある金山寺を永続・発展させるために~

金山寺は、2012年に本堂が火事で焼失したため、現在仮本堂で運営しています。

天平勝宝元(749年)に報恩大師が創建して以来、連綿として受け継がれた古刹を絶えさせることなく、後世に受け継いで参らなければなりません。

つきましては、檀家の皆様をはじめ、ご参拝の各位におかれましても、金山寺再建のために格別のご支援を懇請申し上げます。

金山寺復興費勧募に関するお問い合わせは、以下からお願いいたします。

詳しくは、お電話かフォームからお問合せ下さい。

お問い合わせフォーム

    ※印は必須入力項目です。

    マップ

    三重塔が見えたら、この看板を目印にお越しください。この看板を右に進むと、山門前に5台分の駐車場があります。
    金山寺道案内看板
    この看板を右に曲がらず真っすぐに道なりに進むと、護摩堂横の50台スペースの駐車場に入る看板があります。
    金山寺マップ

    最新記事

    ショップ