護摩祈願

護摩祈願

天台宗 銘金山 金山寺

天台宗 銘金山 金山寺

こどもはだかまつり

こどもはだかまつり

金山寺会陽

金山寺会陽

  • 749 749年(天平勝宝元)報恩大師創建
  • 1178 1178年(治承2)葉上房栄西再建
  • 1561 1561年(永禄4)宇喜多直家復興
  • 1969 1969年(昭和44)金山寺文書重要文化財指定

初詣・護摩祈願・会陽

天台宗 銘金山 金山寺

金山寺は報恩大師が749年に開いた岡山県を代表する古刹です。岡山市の真北に位置し、広く人々の信仰を集める聖地です。鎌倉時代には栄西を輩出し、焼討後の再建は宇喜多直家公になされました。栄西と宇喜多家ゆかりのお寺です。

法要・読経

法要・読経

亡くなられたご先祖や故人を供養いたします

1
葬儀・戒名授与

葬儀・戒名授与

亡くなった大切なご家族を弔い、ご戒名をお授けします

2
水子供養

水子供養

水子の幸せと安らぎを願ってご冥福を祈ります

3
永代供養

永代供養

様々な事情で死後に祭祀を受けることが出来ない方を永久に供養します

4

ご協力をお願いいたします

金山寺復興事業

ご懇志のお願い
 ~歴史ある金山寺を永続・発展させるために~

金山寺は、2012年に本堂が火事で焼失したため、現在仮本堂で運営しています。

天平勝宝元(749年)に報恩大師が創建して以来、連綿として受け継がれた古刹を絶えさせることなく、後世に受け継いで参らなければなりません。

つきましては、宗徒の皆様をはじめ、有縁の各位におかれましても、金山寺再建のために格別のご支援を懇請申し上げます。

金山寺復興費勧募に関するお問い合わせは、お問合せフォーム からお願いいたします。

在りし日の本堂

在りし日の本堂

2012年12月24日金山寺で火災が発生し、本堂と倉庫が全焼しました。

本堂は天正3年(1575年)頃、宇喜多直家の寄進により再建されたと伝えられる、彫刻や彩色の絢爛たる桃山時代の建物でした。

県指定重要文化財である木造阿弥陀如来像も消失しました。

1
金山寺復興奉賛会

金山寺復興奉賛会

およそ1200年前から行われているという金山寺会陽。会陽参加費(裸・大人)として1,000円をお願いし、金山寺本堂の復興に充てさせていただいています。

2
境内復興事業のご報告

境内復興事業のご報告

前年の初詣事業の収益をもちまして、荒廃した鎮守最上稲荷社の参道の本殿と玉垣の修繕と参道の補修を行いました。

たくさんのご参拝、誠に感謝申し上げます。 合掌

3

ご参拝者様各位

初詣のご案内

金山寺初詣のご案内

平成29年

紅葉も始まり、秋も深まって参りました。皆様に於かれましてはご健勝のことと存じ上げます。本年は、初詣に参拝頂き誠に感謝申し上げます。

さて、金山寺では来年も盛大に初詣を開催いたしますのでご案内を申し上げます。今回で四回目の試みとなりますが、復興事業として宗派信仰を問わず広く一般の方々が金山寺に参拝になることで、浄財を積み立てし境内の整備と本堂の再建を目指すことが趣旨であります。本年は、昨年迄の浄財で境内の鎮守最上稲荷社を修繕いたしましたことをご報告申し上げます。着実に復興へと進んでおります。是非来年も、金山寺へ初詣にご参拝・お申込み下さることをお願い申し上げます。詳細はチラシをご確認ください。

また、近隣の招き猫美術館では新年の催し「えんぎもの展」を開催しております。協賛頂き、チラシ貼付の招待券で、五名様まで無料で入館できますので合わせてお楽しみください。

金山寺

金山寺復興奉賛会

 初日の出

2018年1月

初詣護摩祈願

初詣護摩祈願

初詣護摩祈願

報恩大師が749年に開いた岡山県を代表する古刹金山寺は、岡山市街から真北に位置し、開山以来広く人々の信仰を集める聖地です。お寺では正月の四日間、護摩堂(県指定重要文化財)を開放して、護摩を焚き、皆様の新年の幸せ、厄除け、開運、心願成就をお祈りいたします。真冬の寒い時期ではございますが、澄み切った山中で深呼吸をし、護摩の火で身を清め、気持ちを新たに明るい年をともにお迎えしましょう。

平成30年1月1日、2日、3日と8日(成人の日)

時間: ① 10:00~ ②13:00~ ③15:00~
1日3回(15分前に受け付け終了)

※1月1日 10時からの回は混雑が予想されます。
別の時間帯もご検討ください。

・「テルミン演奏家」中村隆子氏による奉納演奏。
⇒ 1月2日 13:00 と 15:00 の護摩祈願後の2回公演。

・「麺処うまし」によるラーメン屋台出店。

祈祷料: 小札3千円、中札5千円、大札1万円

願意: 厄除、家内安全、商売繁盛、交通安全、合格祈願、学業増進、目標達成、身体健全、祝年、良縁成就、心願成就等

おとそ無料接待(みりんを使った子供も飲めるおとそです)

※期間中のお供えはすべて金山寺復興基金として積立いたします。

いずれも盛況のうちに終了いたしました。

お問合せ
金山寺護摩供養

金山寺護摩供養

護摩堂内の炉で細長く切った護摩木を燃やし、大きく燃え上がる炎に様々な供物を投げ入れて、全身全霊で祈願します。併せて打たれる太鼓の音が心に染み入ります。

[ 護摩供養動画 ]

お問合せ
テルミン - 奉納演奏

テルミン - 奉納演奏

護摩祈願の後、岡山のテルミン第一人者の中村様による奉納演奏がありました。

テルミンは、手を触れることなく、空間の手の位置によって演奏する楽器です。幻想的でとても美しい演奏を聞かせていただきました。

[ 奉納演奏動画 ]

お問合せ

お葬式のことや法事のことについてお応えします

法要・読経

法要・読経

予約にて、亡くなられたご先祖や故人を供養いたします。

水子供養

住職が心を込めてお経をあげ、水子の幸せと安らぎを願って、ご冥福をお祈りいたします。

葬儀・戒名授与

亡くなった大切なご家族を弔い、ご戒名をお授けします。

永代供養

様々な事情で死後に祭祀を受けることが出来ない方、お寺が永久に祭祀を続けます。

法要・読経

金山寺

見どころ紹介

護摩堂

護摩堂

県重要文化財

護摩堂

護摩堂

県重要文化財

護摩堂とは護摩をたき祈禱をするための仏堂。金山寺護摩堂は、天正3年(1575年)建立、18世紀初頭改造により現在の姿になる。

山門(仁王門)

山門(仁王門)

市指定重要文化財

山門(仁王門)

山門(仁王門)

市指定重要文化財

本瓦葺の入母屋造りで、上下2層からなる楼門である。岡山藩主池田光正の寄進により正保2年(1645)に再建された。

三重塔

三重塔

岡山県重要文化財

三重塔

三重塔

岡山県重要文化財

天明八年 1788年建立、本瓦葺、高さ 25.0m。県下最大規模の三重塔。

本堂(2012年消失)

本堂(2012年消失)

重要文化財(2013年解除)

本堂(2012年消失)

本堂(2012年消失)

重要文化財(2013年解除)

天正3年(1575年)頃、宇喜多直家の寄進により建造。2012年12月24日に発生した火災で全焼。金山寺復興事業として再建を目指しています。

F & Q

 よくある質問

無料ですので、ご遠慮なくお越し下さい。

ただし、大型車、車高の低い車は通行できません。

承っております。供養はお施主様の様々な事情によって、予約制にて致します。又、ご祈祷は全て予約制の護摩にて致します。一件につき5,000円以上のお供えを頂きます。

尚、年中の固定行事の護摩は、1月1、2、3日と成人の日の初詣期間と、1月28日、5月28日、9月28日の計7日間に執行致します。この時のご祈祷は一件3,000円~のお申し込みが可能です。

詳しくは 086-228-0926 メール でお問い合わせください。

ありますので、詳しくは 086-228-0926 メール でお問い合わせください。

檀家への入檀はどなたでも受け付けております。

しかし、既に他寺院様に入檀されている方の入檀はお断りしております。

詳しくは 086-228-0926 メール でお問い合わせください。

リンクフリーですので、ご自由にリンクしてください。リンクしていただく際は、メールしていただければ幸いです。

リンク先URL(以下のいずれか)

  • http://kinzanji.net/
  • http://金山寺.jp/

営利目的や商用の場合には、許可が必要ですので、詳しくは 086-228-0926 メール でお問い合わせください。

お寺へのメッセージ

何かご質問やご不明なことがございましたら、以下よりお問い合わせください。

ご質問?
ご遠慮なくお問合せ下さい